ニカド電池は地元のマイナーなコンテストで優秀賞を取った

地元にはたくさんのコンテストがあります。
マイナーなものからちょっと箔がつくものまで実にさまざまです。
中でも、地元のマイナーなコンテストでニカド電池が優秀賞を取ったことがあります。
これはちょっとした話のネタになるので、非常に面白いです。
地域密着型のイベントなのですが、ニカド電池の働きが認められたと感じたので嬉しかったです。
充電池が全盛の時代となりつつありますが、これからもニカド電池の優位性を忘れてはいけません。
こういったマイナーなコンテストでも、電池のありがたみを分かっていただけたことは特筆すべきです。
この記事を見てくれたユーザーさんも、たまには電池の仕組みや有り難さについて考えてみてください。

製本予定の本は地元の人しか知らないマイナーコンテストの図鑑になる

立川北部ですがスーパーマーケットが乱立気味です。
食品をメインに扱うスーパーばかりで、半径500メートルに
中規模店以上の店が6店舗ありましたが、1店舗は閉鎖されました。
生き残りは大変です。
そのうちの1店ですが、ショッピングモールの中核店です。
そこで、ハローウィンのパレードがありました。
申し込み順のようですがそれでも人気は高いようです。
子供だけに衣装の優劣を競うことはないですが、
参加できた子は誇らしげにパレードしていました。
同じ、ショッピングセンターで、ママの似顔絵コンテストが開催されていました。
こちらは、掲載スペースの関係かすべての絵が展示されていないようです。
さすがに、絵は優劣がつきます。
各スーパーともに、地元に根付いたスーパーになるよう、似たようなイベントがあります。
これも、地域密着したマイナーなコンテストです。
展示した絵だけでも写真にして製本すれば、スーパーのプチ歴史になりそうです。

カメラバッグを担いでいる人は地域密着のマイナーなコンテストがお好き!?

とある国に旅行に出かけた友人の話です。
あまり日本人が訪れない国で、カメラバッグを担いでいる日本人に出会ったそうです。
話を聞いてみると、「地域密着型の、マイナーなコンテストを撮影するのが趣味」とのことです。
珍しい趣味だなと思い、いろいろと話を聞いてみると、
「よくある国の有名なコンテストの写真は数多いが、
地元でしか見ることができないコンテストをブログに載せている」らしいのです。
カメラの撮影データを見せてもらうと、
たしかに各国でまったく違うコンテストが行われているようです。
実は海外だけでなく、日本国内でもそういったマイナーなコンテストが多く、
イベントを通してその地域の空気感を味わえるそうです。
その方のブログを見せていただきましたが、短時間で各国を旅行した気分になりました。
ただ、その中には自分の地元で普通に行われているコンテストもあり、
そこで初めて「それってマイナーだったのか」と知りました。
実家に帰ったときには、カメラバッグを担いでいる人を探してみます。

目黒で整体を受けながら地元のマイナーなコンテストを思い浮かべていた

目黒で整体を受けていると、日頃の疲れやストレスは解消したため、
ほのぼのとした話題が脳裏に浮かんできました。
地域密着のマイナーなコンテストの話題は特に印象的で、
施術中であっても気になって仕方がありませんでした。
マイナーなコンテストには、利き酒の能力を競う大会があり、
地元で作られた地酒が供されていました。
さらに、地域密着の風景を題材にした写真コンテストの話題も思い浮かべてみました。
地元にある路地の風景を題材にした写真が大賞に選ばれ、
多くの人が喝采する様子も思い浮かべると、
時間の経過も忘れるほどにリラックスすることができました。
地元のマイナーなコンステストは、季節ごとに違った形で開催されるため、
目黒の整体を次に利用する際にも気になると思います。